2010年09月13日

用語について(IFO注文)B


★ IFD注文について


IFDは、if done(もし〜したら、すれば)の略なので

『もし〜円まで●●したら××』という仮定のもとで、予約

注文を入れることを言います。



例を上げれば、

新規注文は
『1ドル90.0円まで下落したら買い』
決済注文は
『1ドル91.0円まで上がったら売り』

注文を入れる時にシナリオを考えて
注文をいれることが出来ます。


それでは、また明日です<(_ _)>

posted by 怠慢トレーダー at 23:27| Comment(0) | 用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月12日

用語について(IFO注文)A


★指値注文

【新規注文の場合】

逆指値と何が違うのか? と考えるかもしれ

ませんが、名前の通りです。



逆指値の場合、主に注目されているポイントを

抜けたらエントリーです。



FXで利益を上げるには【安く買って高く売る】又は

逆パターンです。



なので、安いところを買い予約、又は高いところを売

り予約するという感じです。



【決済注文の場合】

主に利益確定の予約注文に使います。

例えば、エントリーしていて2,000円利益になる所で

決済という場合に使います。



今日はこのぐらいで、また明日です。<(_ _)>



posted by 怠慢トレーダー at 22:49| Comment(0) | 用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月11日

用語について(IFO注文)@


今日はプロフィールにも書かれているIFO注文に

ついて今日は書きます。


その前に、★逆指値注文★指値注文★IFD注文

★OCO注文を知っていないと【IFO注文】は理解

できないので先に上記の4つの注文を説明します。




★逆指値注文

【新規注文の場合】

良く使うパターンとして注目されている高値を超え

たら、買い注文。また安値を超えたら、売り注文。

あらかじめ予約注文を入れることをいいます。



【決済注文の場合】

主に損切りの予約注文で使います。

買い注文、または売り注文が既に会った場合、

思惑とは逆の方向に相場が動いた場合、自分

の想定外となるポイントに損切りの予約注文を

入れることができます。



今日は長くなるので、ここまでにします。

ブログにひとつ、ひとつ用語を説明していくと

途中で見ずらくなるので、ある程度溜まったら

レポート(PDFファイル)に、まとめようと思いま

す。







posted by 怠慢トレーダー at 22:24| Comment(0) | 用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。